剃刀は避けること

剃刀は避けること
お洒落に気を使っていれば直面する物がムダ毛問題ですが、女性なら肌を出す時になれば足や腕などムダ毛処理を頻繁にすることに成ります。
首後ろや指先も気になりますが、毛抜きでぬくのはもってのほか。
自己処理は一番手軽なのはカミソリで剃ること。
さらにカミソリ負けは痛い以外に、癖になり何度も同じところを剃っているうち肌がボロボロになります。
カミソリ負けの原因に、カミソリの切れ味の悪さがあって何度も刃を当てることになって、悪影響が出ます。
そして、風呂でムダ毛処理をするのは石鹸を使いますが、それは必要ですが。
どんな石鹸で滑りよくしても肌に直接当たる刃の切れ味が悪いとだめです。
ムダ毛は風呂に入ったらかみそり処理する方が多いですが、これは正解で、風呂場の湿気が肌を乾燥させないためにベストです。
肌をかみそりで剃れば皮膚表面を削って組織をこわしますが、乾燥しやすくなって、湿気がある環境で剃って下さい。
風呂で湯気がたくさんある状態で処理をしましょう。
そして剃刀で剃ったら保湿も重要で、剃ってすぐ風呂に入ってもいいですが、なるべくオイル、ローションでいったん保護して湯船に入るといいです。
風呂上がりも剃ったところのケアは念入りにして、普段ボディクリームだけでなく、普段利用してるのでいいので乳液で下地を作ってクリーム、ローションを塗りましょう。
そうしてリスクを最小限にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です