毎月の生理は更年期障害を乗り切る予行演習!

更年期障害・・・加齢に伴い忍び寄る問題だとしても聞いただけでも辛いですよね。
更年期障害は、閉経に伴う急激なホルモンの変化に体がついて行かずにパニックを起こしている状態のこと。
日本女性の閉経年齢は約50~51歳と言われていますが、食生活や生活の乱れなどから、年々早まっている傾向にあるそうですが、この閉経をはさんだ前後10年くらいの間を「更年期」と呼んでいます。
更年期のホルモンの変動は誰にでも起こり、避けることは出来ません。
しかし、個人差はありますが、いつまでも続くかと言ったらそうではなく、ホルモンの変化に体が慣れてくると、その症状は次第に落ち着いていゆきます。
自分が更年期になったら、どんな風になるんだろう?と不安になることはありませんか?損あん不安を抱えている方は、ぜひ行っていいただきたいのが更年期の予行演習です。私たちはほぼ規則的に生理が来ます。
PMS(月経前症候群)というのを知っていますか?生理周期のなかで、生理が来る前などに伴って、むくみやイライラ風邪をひくなど、体調に何等かの不調を訴える症状のことです。
病気ではなく、女性ホルモンの分泌に伴う不調の訴えのことを指します。ただし、症状の強さには個人差があり、あまり辛さを感じない人もいます。
実は、このPMSの時期は更年期障害の小さなもの。
この時期のホルモンの変動をうまくコントロールすることができれば、更年期も上手に付き合うことができ乗り切れることにもつながります。
自分の弱点は何か、どん案生活を送ったら、症状が軽減されるのかといった自分の体調にあったセルフケアの方法を今のうちから積極的にとりいれましょう。
気持ちの良よくなることを積極的にマスターすることで、心配な更年期も乗り切ることができそうですね。
毎月の生理は更年期障害を乗り切る予行演習!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です